今日は、誘導だけでなく、事前のセッティングまでほとんど棺の指示で白日夢に入ったのですが、とても上手く行きました。

白い部屋は、中々しっかりイメージ出来ず、結局留まる事は出来ませんでした。途中、ほぼ眠っていたようで、自覚夢のような感じで映像を見ていただけだったのですが、それがどこからか終わり、私が小さな窓にもたれ掛かって外を見ている情景に変わります。

外は果てしなく海であり、その中にぽつりと私の居る家があるようでした。見える映像は白黒なのですが、白い壁の家に、外の水面は、澄んだ水色だというイメージが伝わって来ます。

此処までは夢であったのですが、急に、強く腕を引かれ私は意識を持ちました。そのまま振り返ると棺がいて、泣きそうな顔で、俺は何処にも行きません、と言うので、私はなんだかおかしくなって、笑ったら、現実の感覚が戻って、流していた音楽が聞こえてきました。

またあちらに行きたかったのですが、妙に疲れてしまい、棺に、止めにしたらと言われたので、今日は止めることにしました。

夢の中の私が何を考えていたのかは、分かりませんが、白日夢へ入る前、丁度悲しい事を考えていたので、それが棺に伝わったのかもしれません。

明日も同じ手順でやりたいけど、用事があるので疲れて出来ないかもしれません。出来たらいいなぁ。