自分語りなのですが、
私はとても記憶力が悪く、会話をしていて、自分が言った言葉に対する返答をされた時、ついさっき自分がなんと言ったかすら忘れることがあります。

なので、何故その返答を貰ったのかも分からず、今自分がなにを言ったかを相手に教えて貰います。

まだ、言葉を発したことは覚えているだけましなのかもしれませんが、もう少し歳を取って、物覚えが悪くなったりしたら、三歩歩かず全て忘れそうで恐ろしいです。

そういうのがあって、独り言が激しいです。

やったことを一度口に出しておくと、記憶の持ちがいいので、あれはやった、これはやった、と、人と話すトーンで独り言を言います。

上記で察する通り、頭が悪いので、これからやる事もよく口に出します。あれを買うでしょ、これも買うでしょ、あれ、お茶っ葉って何処だろう? と、いうのは今日の買い物中の独り言です。すれ違ったら多分怖いです。とても申し訳ないです。

お煎餅のコーナーだと思って行った場所に、お煎餅がなくって、お煎餅ない! と独り言を言ったら、棺に、独り言大きいよ、と指摘を受けて、そこからちゃんと小さく喋っていました。

昔から、ほとんどのタルパーさんが、ちゃんとタルパとの会話を覚えていて、がっつり文章に書き起こしているのが本当に凄いと思って見ています。
私はほぼ、こんな感じのことを言っていた~くらいしかおぼえていなくて、曖昧な書き方しか出来ません。

でも、忘れてしまっては記録に残せないので、余裕があったら何かしら、喋ったことのメモを取ったりしてみようかなと思います。

とはいえ、夢日記ばかり書いているくらいですから、見た夢のことはちゃんとしっかり覚えています。こんなにリアルに、目の前で起こる現実は忘れるのに、ふざけていますね。