ゆめみるひつじ

主に、イマジナリーフレンド、タルパ、などと呼ばれているものなどの雑記です。それと夢日記。

イマジナリーフレンドという言葉が好きなので、ここではそちらで表現させて頂きます。



↓自己紹介、IF紹介など



続きを読む

自分が次に友達や職場の人等、他人に会った時、何を話そうかを頭の中でシュミレートして、それが終わらない事があります。私がしたいのは、何の話をするかをまとめるところまでなのに、情景が進んでしまい、相手の返事が来て、そのまま、脳内で会話をしてしまうのです。

それだけではありませんが、そうやって脳内に急に入ってしまう事が大分頻繁で、棺に、おーいと呼ばれて帰って来ます。この要領でダイブの練習をすれば上手く行きそうですが、やろうと思うと急に出来なくなってしまうので、使えるものではありません。


それで昨日、脳内でしている会話の声が出てしまい、自室でですが、えっ! と、大きな声を出してしまいました。それに対して棺が、え? とすぐに反応したので、慌てて、脳内の会話に返事をしてしまった事を伝えると、そういうのは俺だけにして下さい、と窘められてしまいました。そりゃそうです。棺にはたびたび、独り言を注意されていますが、ちょっと私も反省しました。会話をしているような独り言なんて、あれ買うでしょこれ買うでしょとは次元が違いますね。意識して、口には出さないようにします。



一昨日書いていた夢の部屋チャレンジは、普通に失敗に終わりました。ただ、昨日はチャレンジした訳ではなかったのですが、半分だけ夢の、鮮明な感覚の中で、棺とお話していました。一つ前の棺と、今の棺がいて、私は眠たくてベッドに横たわったまま、二人と話をしていました。最近ずっと、前の棺について悩んでいるので、そんな風に別々の存在になられては困る、という事を言っていたのですが、棺としては、そんなに気になるなら、無理に一緒にしなくてもいい、という考えだったようです。


私もとても眠かったので、そっかぁ、と納得してしまったのですが、今はちゃんと起きているので、結局また悩み始めています。今朝棺に、昨日の事覚えてる? と聞かれ、覚えてるよ、と返しました。夢の棺は、ただの夢である事も多いですが、昨日の棺と棺は、本物だったようです。


一つ前の棺を切り離す、という流れで棺が話をするので、柩の事を考え、その時に、三人といるのは無理だ、と伝えたのですが、棺に、柩はいないよ、と言われてしまいました。

ちょこっとだけ触れていましたが、昔棺が、僕と言ったり俺と言ったり、優しかったり冷たかったり、性格が安定しない時期があって、困っていたのですが、柩とは、その時に矛盾した部分を切り離そうと、意図的に作ったIFです。棺が、幼い頃からの私の妄想の集合体で、ほとんど自然発生だとして、柩の方は人工です。


ただ、記録にも出てこない通り、棺のブレがなくなった今では柩と会話をする事はほとんどではなく、全くありません。当時少し話をしていた程度で、意識もまったくせず、柩は夢にも出て来る事はありません。確立する前に、話すのをやめたので当然なのですが、それでも一度作り掛けたものだったので、柩の表記を消す事は出来なかったのですが、今回はっきり、いないと言われ、そりゃそうだと納得しました。


でもだからと言って、一つ前の棺の枠が取れた訳ではありません。一人ならそれが私に取っては一番良い事だと考えているので、前の棺については、どうするかまだ考えます。今は、分離した棺ならば、それを柩と呼ぶべきかなと考えたりもしていますが、このまま一緒にいてしまうか、そうしないかは検討中です。

両親が離婚していて、父親と古い大きな家の二階に住んでいる。
暗くカビっぽくて、布団が四枚敷かれている、正方形の父親の寝室へ私が行くと父親が入って来て、声を掛けようとしたら、ふてくされている状態で、私は嫌だなぁと思っていると、あちらから声を掛けて来る。(内容は忘れた)

少し話を聞いた後、私は、もっと理性的になって母親に話さないと分からない、相手の事を考えなければ、そういう態度で、自分の意見を聞き入れて貰えるとは思わない方がいい。子供ではないのだから、ちゃんと変わらないと母親が戻って来る事はない。という事を言い、更に機嫌の悪くなっている父親を見て返事を聞かずに部屋を出る。

風呂場へ行くと、母親は遠くに住んでいるのだが、何故かバスタブに入って眠っており、水に血が混じっている。それは腕から流れているようで、私は慌てて叩き起こす。自傷行為かと思うが、よく見ると単に怪我をしただけのようで少し安心する。


母親と車に乗り、やたらと車線の広い高速道路を通っている。母親がボサボサに広がった髪のまま、酷い姿勢と表情で運転していて、私は後ろの左側の席で、ぼーっと外を見ている。

母親が、いかに父親が嫌いで、修復不可能かを恨めしく語っていて、私は適当に相槌を打っていたが、途中で、そんな態度で話し合いを済ませようとしてはいけない、相手の話もよく理解して聞かなければ、全てを突っ張ねていては仕方ない、というような事を言うと、母親は黙り込む。

私はその隙に父親に、多分もう母親とは無理だと思う。もししっかり話をする気があるのなら、次が最後のチャンスになる。自分勝手に振る舞うのをやめられるなら、話をしたら良いと思うけど、出来ないならやめておいた方がいい、という内容のラインを打つ。


サービスエリアに小さな和食屋があり、そこでご飯を食べる事になる。私はいらないと言うのだが、母親が勝手に注文し、私は食べないから注文したのならちゃんと食べてくれ、と、届いた料理を、テーブルの上で母親の方へ押し出す。

そこで母親が、一緒に住もう、という話をして来て、どんな家だとかなんだとかという話を一人で勝手に進めていく。私はその話を聞き流し、今の状態の父親が家に一人になるところを想像して、母親に着いて行くのは無理だと考える。が、逆に一人の母親を想像し、それもまた無理だ、と思う。

母親に、■■(私)は何がしたい、と聞かれ、死にたい、と答える。無意識に出てしまった為、自分でも驚いてしまうが、納得は出来た。

母親が黙り混み、私は、全く手をつけていない料理を見て、早く食べたら、と促す。

目を瞑ると、母親が割り箸を割る音が聞こえて、私はそのまま、小さい頃、小さい家で、家族が皆いた頃の記憶を思い出して、涙が出るのを我慢しようとしていた。

このページのトップヘ