ゆめみるひつじ

主に、イマジナリーフレンド、タルパ、などと呼ばれているものなどの雑記です。それと夢日記。

イマジナリーフレンドという言葉が好きなので、ここではそちらで表現させて頂きます。



↓自己紹介、IF紹介など



続きを読む

お久し振りの更新です。

最近生活をしっかりまわすことが出来ていません。

昨日は、夢の中で殺人鬼に追い掛けられ、隠れていたのですが、目覚めてもまだ分からず、じっと隠れ続けているところで、棺に、もう大丈夫だよ、と声を掛けられやっと現実だと気付きました。

夜はご飯を買いにお店へ行ったのですが、お弁当コーナーで、何をしていいのか分からず立ち尽くしてしまいました。沢山あって、何を食べたらいいのか分からず、泣きそうになっていて、なんでもいいんだよ、と棺が、少し焦るように言って来て、棺に誘導されながら、適当なお弁当を買って食べました。

とりあえず、力が出ないと仕事で迷惑が掛かってしまうので、暫くは栄養補給の出来る手軽なものを常備しようということになりました。

棺に手を取って貰いながら、歩くような毎日です。

こんななのですが、根がポジティブな羊なので、まあそのうちなんとかなるでしょう、と、私は楽観的に捉えているのですが、棺は深刻な顔をします。原因がどこにあるのか、分かっているからです。

暖かくなったら、元気になるかもしれませんし、気長にゆっくり、棺と過ごします。

とりあえずまだまだちゃんと生きています。

一緒に暮らしている動物の体調が悪く、日常がきついです。お医者様の調子では、重く捕らえるようなものではなく、今きちんと看病すれば元気になる程度のもので、分かってはいるのですが、動物が体調を崩すと、とても不安になります。小さな怪我等でも、恐ろしくなってしまいます。

些細な事も、すぐ死に直結させてしまって、馬鹿な話だと口に出せる程度には分かっているのですが、下らない妄想をしてしまうのです。

棺が、大丈夫、大丈夫と呪文のようにずっと言っています。大丈夫です。分かっています。365日、貴方だってずっと元気な訳ではないのだから、そういう事ですよ、と言われました。分かっています。

今はとにかく棺に支えて貰っています。早く元気になってくれるといいのですが。

このページのトップヘ